※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

親父の唄  作詞/81スレ491 作曲/81スレ499


朝電車に揺られて思ってたのは、初恋の香りと娘の姿
薄くなった頭とダサい服と 嫌われて当然 少し寂しいよ

父さんなぁ携帯買ったんだ 使い方よく分からないけど
ずっとお前と繋がってたいんだ
そう言ったら、気持ち悪がられるだろうけど

いつか大きな恋をして ここを離れていくんだろう
そんな日が来ることは覚悟してたけど
夢じゃダメなのかな

随分綺麗になったんだね 父さんの自慢だよ
久しぶりに笑顔を見せてくれたね 涙は流すもんじゃないよ

思い出すのは、小さな頃の運動会
転んで泣いて でも立ち上がって 僕にメダルをくれたなぁ
思い出すのは、振り袖を着たお前
お前が誰より何より一番綺麗に見えたんだよ
いつからか心は離れてしまったけど
ずっと見守っていてやるよ

朝電車に揺られて思ってたのは、花嫁姿の娘の姿
胸ポケットの携帯にメールが届いてた 僕は微笑んだ

音源