※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

六月さん 作詞/つまだ


軒下で吐き出す
ぬるい溜め息なら
雨音が優しすぎて
甘えてでた言葉だろう

居間から聞こえてた
天気予報の声
梅雨前線を聞いて
サンダル履き傘も持たず

薄紫色に
彩る細道と
自分を重ねて
一人慰めた

雨で流れるかと
思ってみたがそれも
上手くいかなくて
ただびしょ濡れ あぁ