※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

クロス 作詞/つまだ


この手の一つの硝子を大事に
足取りおぼろげこの血を頼りに

たどたどしく
ゆらゆら目指した

幾度と心は狭間で凍えて
唱(うた)うことさえも罪と感じれど

蝋燭の火
消えずに生きてと

あぁ・・・嗚呼!

寄り添って 二つの理(り)は
私を 私を 導いては
残酷な 暖かさで
私を 私を 迷わせるの なぜ?