※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

俺の曲に詞をつけてくれ No.007 作曲76スレ700


僕らの夢が 目覚める時に 作詞/77スレ62


空 突き抜けて飛び立った 羽 銀色に輝く
今 僕達が探してる 希望の虹が
宇宙まで届いたら 世界が変わってく
高い空 駆け抜けてくと 生まれてくる 星があるさ

 青い 空に飛び出す 僕らの希望 羽ばたく時に
 君も きっと見つける 自由な世界を 忘れないで

星 限りなく広がった 宇宙(そら) メロディが生まれる
今 僕達がめぐり合う 新しい星が
この宇宙(そら)で歌ったら 世界が変わってく
星の渦 リズムを刻み 生まれてくる 曲があるさ

 星の 灯り溢れた 僕らの夢が 目覚める時に
 君を ずっと呼んで(い)る 自由な世界を 忘れないで

  どこかで 揺れる星が きっと 僕らの 目覚めを 待ってる

 はるか 遠く離れた 僕らの未来 飛び立つ時に 
 君を ずっと呼んで(い)る 自由な世界を 忘れないで

 星の 灯り溢れた 僕らの夢が 目覚める時に
 君を ずっと呼んで(い)る 自由な世界を 忘れないで

音源


無題 作詞/77スレ109


今 感じているものだけを ただそれだけを見つめていた
夢は近くにあるってこと 話してくれた(のは誰?)
うそだけはつかないで リアルを感じとって
そんなの信じない 心 今も掴んでるのは誰?

※風に 体任せて 遠くへ ゆけるのなら素敵ね
きっと辿り着けるはずだから 信じてた 未来へと

ゆっくり周り始めたものは きっとかけがえのないものね
一歩一歩あるいてくこと 教えてくれた(のは誰?)
思い出だけのあなた それならいらないわ
記憶に突き刺さる 心 そっと癒してくれるのは誰?

※繰り返し

想いは 募る 孤独 じゃない 煌めく 瞳を 見つめて

※繰り返し
※繰り返し

Tower 作詞/◆KGe/bhauwg


地平線の向こう 幾度、目を凝らしてみるけど
けして少し先でさえ、霞んで見えないの何故なのか 

展望だとかそんな浅いことに興味なんてない
なんのためにここに聳え立つのかよくわかってもない

地上の奴らに目が合うことなんてないのだから ここが
何階なのかすらあやふやにもなるさ

見下ろす先、広場の時計がズレてる
ここからじゃどうしようもないから
何様だと思うが 
地上まで短針戻してやりにいくか

一度降りたら 昇るのに時間が倍かかる
その間にいろんな街の景色見てゆくはずだ
次第に人格も 変わっていってしまうのだろう 人を蹴落とすやつになりさがるのか?

再び戻るとき
その時まで、気持ちは落ち着かない 一体何度繰り返したら済むのか?

隣街に真新しいのができるなら
人は次第にそちらへ移るのだろう
当たり前だが二度と戻ってこない
ランドマークとして一生人の記憶からは消えないけどな

日本で一番高いって?さっきから言ってるけど
それに何の意味があるのだろう

お前に合ったやつらがそのたびに消えてく
まるで太陽をさえぎるかのような 立ち振る舞い

どうやってそれを 崩せばいいのか?
シャベルでもクレーンでももってこい 
そんなものじゃ到底 崩すことはできないけど 塗装ぐらいならはがせるのだろう

イカロスの空 作詞/77スレ346


踏み出した右足を包み込む風 虹が架かる空へと伸ばした手
その背中に追い付いた夢の跡 君の声が呼んでいた

抱えた翼の設計図 繋ぎ止めるのはあの日の約束
雲間に見えた透明を 僕はそれを目指しただけ

君に届きますように 胸の中には面影といつの日かの空
どうか忘れないでいて その声が揺れていた GloomyDays-BlueSky

目を閉じた夜の暗さより暗く 見えぬ物を否定してたあの日
揺りかごに包まれてた弱さ故の僕 君の声に気付くまでは

何かをただひたすらに、この手に掴みたいだなんて
優しく消えた微笑みを 僕はずっと憶えてるから

青い風を跨いで 滲む 色褪せた景色がこの目に映ってた
君を忘れないでいるよ その声はInnocentBlue 刻み込んで

固めた羽が、ふわり落ちたけど
その手が届くならまだ間に合うから

君に届きますように 消え行く声が願うのは君といた場所
いつか届きますように その声が揺れていた GloomyDays-BlueSky
風を纏い羽ばたく 君が最後にくれた思い出はもう
解けた指を繋いだ もう離さないよ GloomyDays-BlueSky