※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アンチローストバイキング  作詞/76スレ443


ステーキなんざ食いたかねぇ
焼き魚なんて見たくもねぇ
炭火焼だか何だか知らんが
早くここから下げてくれ

生肉の血が舌に滴る
生魚の臭さに胸が踊る
太陽の匂いの詰まった野菜
うめぇ これこそ究極の食事

アンチロースト 焼き目なんざお呼びじゃねぇ
リアルな味覚に溺れたい
アンチロースト 生の美味さだけが
俺の血を赤くたぎらせる

歯の奥に残る スジの感触
これが全て アンチローストバイキング!!!!!!!!!