※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

東京少年  作詞/76スレ298


くるまった布団から、カビ臭い夢の跡
広告欄の包茎手術 日溜りに揺れる猫
大人ぶった視界のせいで、上手く虹が作れない
ポケットの中のビスケット 叩いたら粉々になった

孤独じゃねぇなんて誰がいつ決めたんだ
「空なんてない」なんて誰が言ったんだっけか なぁ?

僕らは、この町の影 日の当たらねぇ場所で死んでく
褪せた写真も 千切れた夢も 全部死んでいく
僕らは、この町に生き 逃げ場所も知らず散っていく
「上手くやれたら大人になれる」糞食らえだった

あああああああああああああああああああああ

孤独じゃねぇなんて誰がいつ決めたんだ
本当の理由なんか、知りたくもねぇ知らねぇ なぁ?

僕らは、この町の風 走ろうと思えば走れた
痩せた心も 割れた花瓶も 全部そりゃ潰えたさ
僕らは、この町に生き 夢のために死んでいく
あぁあ 言葉でなら、いくらでも言えたのに
あぁあ 夢に夢見て、僕らは生きるんだ

少年よ 大志を抱かずとも
ちっぽけな思いを捨てるんじゃねぇ
それから死んじまえ