※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

床 作詞/72スレ895


赤いワインをこぼしたような
床に転がり明日を思う
明日はお日様見れるといいな

痛い痛いと叫んでみても
あたしの言葉 届かないから
あなたはわたしを愛しているの?

思い出したみたいにふっと息をする
私のそばで
ほこりがふわりとうかんでやっとしずむ

暗くて冷たいからあたためてほしいけど
あなたのうでは
重くて私じゃ動かせないから

ああ 愛情(こい)につられて / やってきたのか / わたしは ばかだ

鎖のかすれた響きがとても
ココロをあらわしているような

そう きみがすきだと / いってくれたのが / うれしかった だから

襤褸(ぼろ)くずみたいに扱ってほしい
今では
もう、届かないけど

だって、わたしが / あなたを / 嫌ったから