※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

薄暗い部屋 作詞/70スレ248


気付かれぬように
見抜かれぬように
僕は空を見上げた

止まらぬように
息切れぬように
僕は脚を引き摺る

瞬きを重ねる度に
落ちて行く世界の光
呟いた蛍光灯はただ
どこまでもどこまでも青白くて

薄暗い部屋に 僕は一人
天井の染みを見つめて
薄暗い部屋に 花がひらり
音も無く 軌跡を描いていく