※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

春 作詞/ラナウェイ

この季節が来るたび思い出す
天使のような君の笑顔・・・

桜並木を歩きながら
君と話した遠い記憶
あまりにも突然すぎて
何も言うことが出来なかった

部屋の片隅においてある二人の写真見るたびに
悲しみの涙で枕を濡らす
もし、もう一度君に会えるならこう言うよ
愛してる。