※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

w41ca 作詞/70スレ69


一年が過ぎていた 君との出会いの春
笑う時も泣く時も隣にいてくれたな
たまに塞ぎこんで黙ってしまう君だったけど
今までこんな僕についてきてくれたね

一昨日の夜 いつものようにふて腐れてた
君の様子が違うって気付いてしまったんだ

僕を困らせて楽しいかい?早く目を開けてくれよ
何度も呼びかける声、君には聞こえない
どんなに君を必要としても、それは僕のエゴかい?
止まったままの君を抱いて僕は枕を濡らした

さよならの一つも言わせてくれないんだね
君と出会った春に、君は消えてった

明日の朝もいつものように
僕に「おはよう」と言ってよ