※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

curse 作詞/70スレ40


額に滲んだ汗 対峙する運命と束縛
掌一つ分の願い 風に掻き消された
檻の中で自由を願った 鳥は死んでいた
持たざるものと嘆いた 憂いは灰色

世界の涯てに何も無くとも
歩き続けた距離は永遠より深い
汚れてしまった両手で抱えた
今は砂に消えた君を想った

目隠しで見ていた外側の世界
小さな存在と気付く 今はまだ弱く
苦い砂を噛んで立ち上がる先には
疑うべき未来がある

「How much more will my life be?
Surely there will not be it so for a long time.
I still promise.
I finish protecting you as for me.
I will promise.
It is just that I run out of my life then.」

視界には砂の海