※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

言ノ葉 作詞/つまだ

この調べは君歌えど 恨むは僕の過ちを
気付けば
涙し
過ぎ行く時をただ 嘆き

若かりしものと背けばまた 聞こえて
耳塞いで
夜には 目を閉じ 許しを ただ乞う
愛しと思えたあの日に

木枯らしの季節なら
言ノ葉はひらと落ちて
裸になれどあなたに伝えること出来たろうに

いつかの青い僕は
それすらも躊躇うから
月日の流れに逆らい置いてけぼりにされようものか 馬鹿と言う