※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

noise 作詞/PZP

時計台の大きな針が
軋みながら
大地に堕ちた

鳴り響いた
鉄の音が
街中を
眠りから醒まして

さ迷う
静寂という
夢と希望が……
僕から消え去ってしまう

割れた大地から
悪夢が流れ出した――