※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Dragonfly  作詞/7スレ49 作曲/7スレ316


吐くこと忘れて息吸った
苦しくても まだ足りなくて
夏の日のスロースターター 空気の重さで飛べずにいるよ
汗かいて 舌で受けとめて
飽和しても なお足りなくて
予定で埋まっている カレンダー 何1つ果たせた約束もないよ
そして交尾するトンボ2匹 性欲に体委ねて飛んでいる
捉えられた 僕の眼の中で
彼らは重なりながら、重力に負けずにいた
ところが僕は 1匹のDragonfly
自分の中に閉じて 溜めた憧れの重さで
飛べずにいるよ
どうやら、
準備道具も 少し付け過ぎたみたいだ
靴を脱げ 金を捨て 溜まった空気、吐き出して
予定など訂正 体委ねて 背負った翼を引きちぎる
汗かいて 垂れ流して
夏の日のスロースターター 歩きだせ
そして死んでいくトンボ2匹 地面の高さになる
小さなドラゴンの命を見送った後で
Dragonfly can fly. 太陽と地上の交差点


音源