※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

止まっ 作詞/PZP

鳥が鳴いた
真夏の朝には
人が外を埋めてく
あからさまに
狙ったかのように
彼女は男と歩く
眼に写る
嘘と現実の匂い
合わさる事はない
水と油

頭の中 作為に満ちた
嘘が幾つも浮かぶ
笑いすぎて
心臓が止まった
おじいさんのような
頓知を使ってアイツを騙し尽くすよ

彼女もただの女だと
諦めて ベッドで寝る。