※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

優しい嘘 作詞/62スレ54


あら、こんな夜更けに珍しいお客様ねぇ
おかけなさい、暖かいスープでもどうかね?
ふむ、道に迷ったとな
この吹雪では旅路も些か悪かろうに
どれ、年寄りの戯れ言でも聞いてみるかの?

物語は始まった
止まる事無く淡々と
時は刻み続けた
誰もが歯軋りをする

あれはいつだっただろう
女は旅の途中病に倒れた
見かねた男は薬草を摘みに
待っていろと笑っていた

ああ、それから時は流れ
消えゆく太陽行かないで
ああ、消える灯火が枯れる
男は何をしているのだ…


それはそれは、誠に美しいおなごだったそうじゃ
何、ただの昔話じゃよ。
…よいか、世には優しい嘘もある
男が戻って来なかったのも、また優しい嘘じゃ…
助からぬ者を苦しませるのは酷だと、男は子供のように泣きじゃくっていたよ