※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

間抜け男 作詞/60スレ272


同じ季節過ごし 歩幅あわせ歩いてきた
きみと迎える 何度目の春
花見るきみの 横顔に
「そろそろ一緒になってみる?」
大きな瞳 みるみる潤む

まいったなぁ どうしていいか わからない
こんなとき どんな言葉 かけたらいいの

まいったなぁ どうしていいか わからない
こんなとき 気のきいた こといえないよ

僕はただ きみに笑ってほしくて それだけで
僕はただ きみの笑顔が好きで それだけで

まいったなぁ 間の抜けた顔 さらしてる
そんな僕見て きみは笑った