※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

黄金週間 作詞/にゅる


「東北の春はまだ終わらない」
久し振りの友人のからの手書きの手紙
いつからか都会の匂いになれていて
カレンダー通りに生きること、慣れてしまってた

渋滞で動かない下り線 片道数時間の思い出に浸る
これくらいの距離ならそんな遠くもない
別れ際に言った言葉

そこはまだ桜が咲いてますか?
みなさんはお変わりないですか?
昔見た広がる田んぼ道も
今ではアスファルトの下にある

僕が帰ってきても、そこに居場所なんかあるのかな?
やけに老けたあの頃の友達 なのになんでそんなに笑えるの?

見てた夢なんか掌一つ分で
あとは、この桜のように散ってしまった