※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

とある偶然 作詞/PZP


1.
今日も疲れた
残業帰りの お酒とおつまみ
安らぎかな?
いつもよりは早く 帰ってるのに
何故か寂しい 家の中は
お金を稼いで
盲目になった そんな気がする 三十歳

2.
わりと慣れた
この生活も 居るはずの人が
いない現実
交通事故 有り得ない 確率
空しき俺の嘆きです

ああ、君は今 二十歳過ぎか?
俺は五十過ぎたけれど
いつか 酒を 飲み交わそう
形はないけれど
君は居るよ