※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

セカンドシーズン 作詞/つまだ


A)日向に 転がり 空仰ぎ
夢を透かし見たら
真ん中太陽目をくらませ
わからなくさせた午後

A)どこから 夏の音 リンリンと
風は運んできて
あの日の君との指きりなら
だんだん思い出した
B)ヒマワリ畑では
通り雨で虹を
描き笑顔にさせてくれた
本当にありがとう

S)二回目の この季節にまた
来年会いましょう
どこまでも続く青さに
またねと手を振って
S)水しぶきが作る この景色なら
真夏の幻に
宝箱にしまい込んで
鍵をあけるのは
次に会うとき

音源