※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

夏と秋の間 作詞/つまだ


S)涙で濡らした
切なき写真は
忘れずにここに
しまった景色

A)夕暮れ間近になっていた
枝垂れた柳は泣いていた
微かに回る 風車
夏の終わりを感じて 寂しくなった
あの日の僕らをただ
水面で揺らし

B)確かな残響は
ひぐらしが死ぬ間際に

S)秋空に変わる
つなぎの余熱は
あの道の上で
ただ君を描き

S)涙で濡らした
切なき写真は
忘れずにここに
しまった景色