※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

幸せ 作詞/PZP


炬燵の中に足を入れて
ミカンを剥いて一口
君は肉じゃがをこちらに運ぶ
「失敗したかも……」
と少し落ち込む

ああ、僕は気にしてないよ
君が作った料理だから

愛情は最高の調味料
「美味しいお茶を淹れてくれないかい」
君は笑顔で台所へ
温かい笑顔 幸せの色

色々な想い 楽しい毎日
可愛い君と暮らしてるから……