※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

思い出した時間 作詞/56スレ20


本気になんてしないからね
「別れよう」なんて 

突然だった いやそう思いたかった
そうじゃないと 今までの君との思い出が
崩れてしまいそうだった
あの時僕は「さよなら」
それしか言えなかった

付き合ってた時 君が傍にいるのが当然だと思ってて
君の震えながらの一言 それは
君のことをどれほど好きだったか 気付かせてくれた
だから・・・戻ってきて・・・・・お願い

君が戻ってこないことは分かる
君を見てれば

あなたがどれほど悩んでいたか
気付かなかった僕を許してください

そして・・・どうか幸せでいてほしい
そして・・・
できれば僕とのすごした
あのときを・・を忘れないで

また出会うことがあったら
笑ってくれるか?

自分がどれだけ幸せだったか 気付いた。