※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

つまらない世の中はくだらない事でいっぱいで 作詞/一(にのまえ)


ドンキホーテが死んだ夜 僕は独りで空を見た
希望は実にくだらない
そんな夜に僕は何を見ればよかったのだろう
レモンの色した星座の匂いに誘われて 今夜も蛾や蝶が踊り明かす
湿った雨の夜には僕も独りで紅茶を飲む
きっとどこかで誰かもドンキホーテの様に死んでいき
きっと僕はまた空を見る

この世は実にくだらない 面白い事なんて一つもないんだ
つまらない世界が燃えている 真っ赤な火柱立てて
石油が燃え上がる暗い夜空に 緑色の夜空に撃ち上がる閃光
一人ぽっちで寂しい思いするのは嫌だから
巻き添えが欲しかった
一緒に地獄で遊んでくれる友達が欲しかった

でも間違っていた
世界をくだらなくしているのは僕だった
全部つまらなくしているのは僕だった

ドンキホーテが死んだ夜に 僕はまた独り空を見る
独りはとてもつまらない
そんな夜に僕は何をすればいいのだろう
緑色した夜空には白い閃光がダンスして 今夜も餓鬼や畜生が騒ぎ出す
籠もった空気の部屋僕は独りで紅茶を飲む
きっとどこかで誰かもドンキホーテの様に死んでいき
きっと僕はまた空を見る