※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

大停電の夜に 作詞/にゅる


君は無表情な素振りで 膝を抱えて黙って
僕は灯りの一つもなくなった 街を見下ろした
何処か懐かしい面影があった 君の冷めた横顔
別れ際に「さよなら」と 君は僕に告げた

最後まで生きれる自信はない でも君は僕を守ると言った
星空が綺麗な夜に僕は一筋の光を放つ

ねじ曲がった僕の心と弾道は 君が変えてくれるのか?
一人では守りきれないものがある だから「さよなら」なんて言うなよ

「どんな顔をしたらいいか分からないの」と
君は俯いた
僕は君の涙は見たくなかったんだ
「笑えばいいと思うよ」