※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

無題(5スレ473)  作詞/shin


雨の日が嬉しかった。彼女の送迎が出来るからだ。梅雨が明けてしまった。
詰まらない。彼女からの連絡はnothing。
始まりは、会社の連中に誘われた合コン。相手側は全員高校生だ。
内気な俺はろくに女の子とお喋りも出来ず
途方に暮れ居ていた。そして、俺は店を一人あとにした。すると、後ろから
人影の気配が。彼女だった。それから俺と彼女は仲良くなり、連絡を取り合うようになった。
でも、俺は唯の彼女のお抱え運転手。運転手でしかないんだ。
彼女が遊びに行ったり、雨が降った時とかの緊急危険回避的存在。
でも、それで良いんだ。それで、満足だ。彼女の笑顔を見ることが出来るんなら。

暇だ。会社も休み。趣味はこれと言ってない。雨も降ってない。
友達も居ない。プルルルル、電話だ。誰からかな。!。彼女だ。
はい、もしもし。あー、章仁ー?今からちょっとわたしんち来れない?

ブルルルルルル。彼女の家に着いた。彼女が玄関に出てる。
おっ遅かったね。バン、ドアが閉まる。今日は何処まで行きたい?
いつもは、友達と原宿で買い物とか、映画を見るとかそんな系だ。
今日もそうなのかな。海!彼女が元気に言った。・・・うん、わかった。
あきひととだよ。え。いや、あきひと、生まれが沖縄だって言ってたじゃん。
だから、海行こっ!フフ、喜んで。ブーーーーン。車は海へと向かう。