※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

東京ろまん 作詞/あくし


駅前石畳に輪を描(えが)きて
寝転ぶ猫と革靴が鳴く
突き抜く青空鳩飛び交う
ショウケヰスに微睡む人形

洋館の薔薇園はいつも眠っている
振り返って手を伸ばしてにっこりと笑うの

この両手に少しの幸せと
両足があればそれで良い
小さな木箱を胸に抱く
鐘は貴方の為に鳴る
「ずぅっと私と一緒に…」