※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

朱(あけ)の空 作詞/あくし


黎明の靄 滴る露
花曇りのコンクリートの上で
散る薄紅に瞼細めた

透明な囲いの内側は
安心 焦燥 裏表
歪に凹んだ身体
冷気に震えうずくまる

「えぇ、そうね。例え正論でも
背に腹はかえられない、違う?」

後ろが手招きする
振り返ってもいいかい?

「そうね、とりあえず一緒に朝食はいかが?」