※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

あなたとすれ違う時 作詞/50スレ123


何にも知らない振りして スクランブルを渡ったら ほら あなたとすれ違う
渡りきった向こう側で 背中を見てるわたしだけ ふと 切なくなった

 朝の陽射しだけ 歩道を照らしてる
 見送ってる影が 斜めに延びている

  こんな日が続いても あなたは気づかない
  つかまれた心が ちょっぴり泣いている


何にも知らない振りして 歩道橋を歩いてる ひる あなたとすれ違う
時計を見て駆けて行く 背中を見つめ見送った また 切なくなった

 影が消えそうな 真っ直ぐな太陽
 立ち止まる影は わたし独りだけね

  ちょっとだけ笑顔を あなたに貰いたい
  すれ違うだけでも 幸せになれるから