※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ブラックコーヒー 作詞/俺


口の中に広がる苦さに
まだ舌を出してた頃
君は笑って、そっと角砂糖を一つ入れてくれた。

何時もの朝の始まりに
差し出される白いカップ
君の笑顔とコーヒーがやけに眩しかった。

大切にすればするほど、心がすれ違って
混ざり合わないミルクみたいにクルクル回ってしまう。

未だに飲めないブラックコーヒー、手持ちぶさたに掻き混ぜる。
一口、口に含むと苦さに顔をしかめながら
君と言う砂糖がなきゃ、飲めないブラックコーヒーは
今の僕にはもう遅いけど、まだ少し早すぎたみたいだ。