※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

彼岸花 作詞/つまだ


茜色した夕暮れに
波が浚った言葉には
刹那に咲いた 赤い花
言葉はきっと 枯れていく

残響僅かに渡り鳥
瞼の裏に 焼きついて
瞳を閉じれば蘇る
あなたと二人 焼きついて

心残りを詩(うた)にして
帰り道には 口ずさみ あぁ
あなたのことを唄っては
岸部で揺れた 彼岸花