※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

一日の始まりの風景描写 作詞/一(にのまえ)


朝焼け モヤが辺りを包む
4時半 朝日が薄っすらと

さかりのついた猫がわめく
烏が残飯食い漁る
電信柱が朝日をうける
薄っすら今日が浮かんでる

胸焼け 吐き気が喉を刺す
5時半 朝日がおはようさん

煙草の煙で空気がこもる
烏の声がけたたましく
朝刊読んで便所に籠(こ)もる
薄っすら今日が浮かんでる

今日も陽(ひ)と共に今日が始まる
今日も人共に夜を待つ