※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

たまごかけごはん 作詞/にゅる


朝の日差しが差し込む 四畳間の窓に
君が油性ペンで落書きしたドラえもんがいる
チャイムを鳴らす指先 寝ぼけた君がやってくる
朝食を食べようと 君はにっこり微笑む

フライパンさえ無い殺風景なこの部屋
ご飯の上に 生卵をひとつずつ乗せて

窓際の朝顔 静かに顔を開く
同じように君も「おいしいね」と微笑む
他には何もない 寂しい食卓だけど
君のように僕も「おいしいね」笑えるんだ

朝の日差しが差し込む 四畳間のドアから
「明日も一緒に食べようね」と君が顔を出した