※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Alone 作詞/48スレ273

1                                  2
悶々とヒーターの息吹に包まれた部屋で         結局 お母さんだけが僕の味方だった
寝転がり昔を思い出したら一つの記憶に出会った   僕は自分自身がやるせなくて泣き出しそうになった
初めて誰かが家に遊びに来たとき             それから誰か他の人が家に来たことは
僕はどんなに楽しく過ごせるだろうかと期待していた  数えられる範囲で 記憶の範囲では10回しかない

だがその誰かは何をするでもなく              誰かが来たらとても歓迎した母
お母さんにアイスを請求して                 どんなに沢山お菓子を足しても
最後に僕を少しからかって                  母が何をしても無駄だというのに

ただ帰って行った                       母が可哀想になった

Alone oh alone                         Alone oh alone
信じられるのは                         信じられるのは
母と 自分だけ                         母と 自分だけ

Wonder why to live                      Just tried living
Wander my life                         Just tired living
何のために生きているのか                 疲れ切った僕の心は
時々分からなくなる                      枯れていくばかりだよ