※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

仮想世界 作詞/つまだ


A)ありふれた日常の
有り余る循環で
形有るもの全て
価値を無くしてしまう

B)名無しの僕が 名付けの親に
そんな仮想空間
そこに確かに 存在してる
仮想の現実世界で

S)夢魅せ 夢追い君らあぁ届くのに
月さえ 爪先立ちで触れ(ら)れる 嗚呼

音源

  • 仮想世界はただいま管理人の手元にありません。持っている方くださいな。