※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

千の龍の背に乗って 作詞/46スレ926


目が覚めて 意識朦朧 ここはどこ
わからない どこかで私は 叫んでる
叫び聞き 君はこの場に 現れた
君はそう 優しく笑い 飛び立った

背に乗れば 空を突き抜け 雲を掻き
風を浴び やがてまみえる 天の園
君の友 君の家族が いる場所で

振り向けば 優しく笑う 君の顔
たくさんの 仲間が集う その場所で
たくさんの 命溢れる その場所で
千の龍 夢幻の果ての 瞬きよ

千の龍 夢幻の果ての 瞬きよ
君の顔 やがて消えゆく その時が
千の龍 夢幻の果ての 瞬きよ