※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

おとこごころ 作詞/46スレ301


複雑な顔の僕に 君はいつも笑顔で
やり場のない心抑えて けど瞳は君へ向けたまま

夏の終わりに 電話で伝えたあの気持ち
笑い声と戸惑いだけ 返してくれた

心穏やかにはなれないよ 君は僕に目を瞑ったまま
さりげない言葉が 傷をそっと逆撫でる
もうこれ以上は聞けないよ 君は僕に棘を刺したまま
確かな答えを未だ 聞いてないんだ

冬の帰り道を 久しぶりに並ぶ
たわいもない会話の中に ふと少しの沈黙

秋の終わりに 咲いた新たな恋の花
笑いながら嬉しそうに 教えてくれた

心穏やかにはなれないよ 君は僕に目を瞑ったまま
何気ない馴初めを 聞くほど用意してない
もうこれ以上は聞けないよ 君は僕に棘を刺したまま
確かな答えを未だ 聞いてないのに

心から応援出来ないよ 君は僕に期待させたまま
罪のないその笑顔に 心は居場所をなくす
もうこれ以上は見れないよ 僕はまぶたを閉じた
不安げに手を握ってくる 君は・・・