※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ブラインド 作詞/にゅる


カタカタ……音が鳴っている 隣の個室から
こんな時間にそんなスピードで叩く 君はねらーなのか
時たま息遣いが聞こえる 女の子のような優しい吐息
カチカチ クリックする音が2、3回鳴って聞こえなくなった

1畳程度の狭苦しい部屋 空調の音が何故か響いてる
明かりは心もとなくて やたらと寂しくなって

でも急に話しかけたら 迷惑だよなそりゃ
試しに壁を叩いてみる トントントントントン

ああ 店員呼ばれたあ そんなつもりは毛頭無かった
いやすいません少しありました 僕は事務所まで連れて行かれた

「それでも僕はやってない」最近覚えたセリフだ
涙目で土下座して あわよくば靴も舐めて 無罪放免

今度は壁に耳をつけてみた ……男の声がした
なんだ彼氏がいるのか ああ 耳は離さない

トイレ行くとき、偶然鉢合わせ
全然タイプじゃなかったから 僕は舌打ちしたよ

ああ 店員呼ばれたあ(ry