※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アダルトチルドレン 作詞/にゅる


吐いてすぐ後悔する嘘を
僕は吐き続けるだろう
誰かに見られるのが嫌で
僕は、逃げ続けるだろう

冷めた目で世界を見つめて
自分の価値が分からなくなるだろう
子供のままじゃ嫌だけど
大人になるのも嫌だろう

ヘッドフォンで誤魔化す日常
そこには何の音もなかったのだけれど

いつの日か そういつの日か
笑える日は来るのだろうか?
その日に僕がまだ駄目になってなけりゃそれでいい
いつの日か そういつの日か
世界は輝いているだろうか?
その日までに僕が、笑えるようになってればいい

目を覚まして、窓に目をやると
変わらない朝日が少し眩しく思えた