※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

無題(44スレ567) 作詞/44スレ567


聞きなれた優しい声に振り向くもう戻れぬことと知っても

あなたがくれた温もりは今も目を閉じればあの日のまま

優しさは時に虚しさを伝え 淋しさをも深く染めるだろう

そばにいて きつく抱き締めて いつか聞いたあなたの鼓動は今でも力強く燃やし続けて

伝わらない想いはやがて消えゆく運命だとしても 声枯らして 生命果てるまで優しいその笑顔を歌い続けるよ

あの日の2人に悲しい声にそっと いくら問いかけても 手を繋ぎ笑い合いながら いつまでも守ろうとするその愛