※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ふきんしんなうた。 作詞/44スレ306


バス停でひっくり返ってた黒い羽と黄色い嘴
もう空を飛べないのかしら・悲しい、とハニーがうつむいた
触ろうとするハニーをパパが止める
「だめだよハニーばい菌がうつってしまう。」
でも、と下を向くハニー、パパがそっと抱きしめた

大丈夫だよ小鳥は空へかえったんだよ
これからはどこまでもどこまでも飛んでいけるんだよ

バスに乗り込んだハニー、手を振るパパ 
パパが一人、死んだ小鳥見つめた
「優しい子に育ってくれてありがとう神様」
犬の頭を撫でて、嬉しそうにどこか悲しそうに呟いたパパ

そしてすげえ良いタイミングで飼い犬が鳥に噛み付いた
パパ唖然 わたし唖然 多分死んだ鳥も唖然
犬はそいつをすごい勢いで投げ飛ばした
パパ唖然 わたし唖然 多分死んだ鳥も唖然
わたしがバスに乗ったとき、パパが犬をぶん殴ってるのが見えました