※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

星を見上げた願い(空を見る戦場の少年) 作詞/44スレ255


張りつめてる空気が ゲージを上げ
闇を駆けてる姿が 数を増やしている
青白い点滅 マークしては
次々開くゲートが 獲物迎え撃つ

 冴えた 気持ち 空を突き抜け
 燃えた瞳 冷たい牙をむいた

  赤く 溶けて飛び散る 炎 命消してく
  護るために咆えてる 俺の心が
  強く 狙い定めて 固く 唇噛んで
  幼い日の思い出が 檻を飛び出した


辺り埋めた空気が 煙に包まれ
空を駆けてる姿が 絡み合っている
曲線描いては もつれ合う姿
シェルター越しの画面 固唾飲み込んだ

 辛い 気持ち 胸に閉じ込め
 覚めた瞳 四方をつらぬく

  星を 見上げ願った 俺の 幼い時は
  護るために燃え尽きる 命に泣いた
  強い 漢になって ここを 護っていくと
  固く胸に誓って(or誓いつつ) 空に飛び立った