※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

猫と娘 作詞/42スレ334


動かなくなった猫を見て娘が言った
「この猫みたいに 私もいつか死んじゃうの?」

悲しそうな眼をしている娘に言った
「この猫みたいに きっと誰かが悲しんでくれる」

どの華より綺麗に咲く タンポポ野原に
一年ぶりに娘と来た
この野原にあの猫の魂が眠っていると信じて

泣きそうな眼をしている私に言った
「彼女を泣かさずに 去ってくれてありがとう」