※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

揺 作詞/即興魔


夜を彩るネオンが部屋を照らす 今日も城では舞踏会 楽しげな声が聞こえる
ピンク色に曇る部屋 僕は一人 王と姫の宴を見守る 今日も城は輝かしい

道を挟んで隣り合わせ
キミはかりそめの愛に揺れる
僕の声は届かない 小さな部屋で二人
道を挟んで、遠い二人

朝が来ると嘘の様 晴れた空がキミを照らす 今日も街は慌しく 足音が増える
濡れた身体を冷やす 冬の風が夜に誘い 君はまた今日も城へと足を運ぶよ

大きな大きな、それは
僕の存在さえ認めない
小さな部屋には今日も
ネオンがちらついてる