※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

歌王子 作詞/蠢


A)星も降るこんな夜だから
 天の川に歌声を静かに流そう
 山を越え海を越えた先
 同じ空の下で眠る誰かのもとへ

S)夜見上げ歌王子 風に揺れる薄絹の歌を紡ぐ
 目を瞑り歌王子 暗い丘を月影の歌で照らす

A)世界中眠りについたら
 夜闇に言の葉をそっと落とそう
 葉が生んだ小さな波紋で
 ほんの少しだけ触れよう誰かの夢に

S)打ち眺む歌王子 波間漂うダリアの歌を咲かす
 指踊る歌王子 花びらに浮く雫の歌をこぼす

S)眠れない歌王子 空に舞う銀の砂の歌を散らす
 朝を待つ歌王子 時計台に金針(キンシン)の歌を刻む