※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

冬の痣 作詞/40スレ783


雨が屋根をなでる朝 アラートが綺羅り過去を掘る
胸の痣を掻くように 血滲む前にやめるように

苦い幼さを悔いる日が 春が冬を掴んだ今日に
ベッドの僕に忍び寄る

あの日 あの夜
マグカップが冷める前
なぜ止めなかったのか なぜ話をやめたのか

痣はそうして生まれたまま
春 ひとり

明け方へあえぐ日は 狙った夢すら横へ行く
胸の痣をかばうように 縮みこみひざを抱えよう

若いたじろぎを悔いる日が 春が冬を襲う今日も
きっと多くを責め立てる

あの日 あの夜 ・・・・・・あの言葉だ
マグカップを片すより
なぜ立ち上がらなかった なぜ立たなかった

痣がそうして生まれたまま
春 ひとり
朝 ひとり

痣がそうして生まれたまま