|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

11月19日

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

OVER待ちでーす。

こんにちは。

お久しぶりです。加藤です。

壮絶なるニョッキ戦争にとうとう負けて
気が付いたらここに立ってました。勝ち続けるってのは難しいモンです。
ひょっとしたらもう日記書かなくていいかなぁとか思ってたことも
はかない秋の夢。

それでもそこにゲームがある限り全力で戦い続けます。
だってゲーマーだもの。

さて、今日はテクリハでした。
気が付けば本番まで一週間を切り,
役者スタッフともにかなり極限状態の模様。

セットを利用してジャングルの香り漂う軽快なリズムを刻みだす者あり。
1シーン終わるごとにスティーブ君に熱烈な求愛活動を行う者あり。
小道具さんが職人芸を駆使しこつこつ作ったアイテムを
容赦なくぶっ倒す者あり。
演出注:それぞれI蔵、J屯、全員のことである。
中でも,演技を始める前に関係ない話題を延々引っ張る者については,
今回のタイトルのような あたたか~い言葉 が随所から掛けられたとか
何とか。
演出注:俺には「つめた~い」にしか聞こえなかった。
いろいろ紆余曲折はありましたが,テクリハも無事終了。
音響さん照明さん,お疲れ様でした。
音や明かりが入ってくると役者の気合の入り方も違ってきます。
この舞台が作る『世界』をより近く深く感じられるような気分。
…平たく言えば,舞台に立ってるときの心地よさアップというか。
個人的にはラストシーン凄くお気に入りです。お楽しみに。

完成に近づきつつある舞台。
役者もラストスパート頑張って行きたいですね。
パンフももうじき完成だよってCat.LINが言ってました。
いい紙使ってます。

ここに来て体調だけは崩さないように気をつけようね。お互い。


  • 僕の知る限り鈴木純というのはとても勤勉な男で、普段の稽古中も寸暇を惜しんで学業や演技プランの組立に精を出していた。この写真を撮ったときも、自分の中で山本ヤマモトという役について思索を巡らしていた。 -- OVER-K (2006-11-20 02:22:46)
  • 役作りには、広辞苑と漢和辞典がかかせません。 -- じゅん (2006-11-21 00:46:34)
  • なんか黒と白のマス目とかね。見つめてると極意とか見えてくるんだろうね多分。 -- カトウ (2006-11-21 22:55:18)
名前:
コメント: