|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

10月21日

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

小野寺は腰が高く、ノッチは肩が高い

稽古場日誌ではおひさしぶり、演出です。
木金土日と4連荘稽古の3日目。みんな微妙に疲労の色が出てましたね。
ちなみに更新作業をしている今現在は、 みんなもっと疲労してます。

今回は後半のシーンを詰めていきました。
…んが、最後の最後がどうにもまとまらず終了。
ひとえに俺の準備&思考力不足です。みんなごめんよ。
そのあと稽古場には一人でうんうん悩む演出の姿が… キモい

さ、辛気臭い話はこの辺にして、ニョッキのお話でもしますか。
今回の印象は、 「よく分からないうちに4ペナがついた」 って感じ。
よく分からないうちに4ペナが3人に。そして3人一斉同時ドボン!
ま、ましゃか、3人で日誌書くの…?
そこに登場、舞監栗。

そして次の瞬間

小野寺の口から信じられない一言が!


小「4人でジャンケンしたらいいじゃん?」
俺「いや、そうは言っても舞監は来たばっかりで…」
小「いいからサッサとやりなっ」
俺「(・ω・` )」

で、負けました。俺が。ジャンケンで。そういうことになったと思うの。



  • 20日のより先にアップされとる…。 -- カトウ (2006-10-23 20:04:21)
  • あんまり放置すると記憶が飛ぶので。 -- OVER-K (2006-10-23 20:21:18)
  • 日誌を読んでいる方々に誤解されないように言っておくと、本当はもうちょっと優しーい口調でジャンケンするように諭したんですよ。…多分。 -- 小野寺 (2006-10-25 00:19:52)
名前:
コメント: