|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

9月25日

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


おはようございます。今日の稽古場日誌担当の小野寺です。
今日は、昨日9月公演の千秋楽を迎え、そして明け方までその打ち上げが行われていた第六ホールでの久々の稽古でした。9月公演関係者の皆様、本当にお疲れ様でした。そんなわけで今日の稽古は 集まりが悪いかなー と思っていたのですが、予想に反して割と早くメンバーが集まりました。
久々の六ホ稽古なので皆気合いが入っていたんですね。良い事です。

床の雑巾がけでアップをし、爆弾ゲームで本日の日誌担当を決めた後、
ストレッチと筋トレを済ませ声出し。
このメニューも久し振りなので、大分辛く感じられます。
長い夏休みですっかり体力が衰えてしまったようなので、
早めに取り返したいと思います…。

休憩を挟み、早速シーン稽古へ。
空間を広々と使えるようになったのはいいことですが、その分狭苦しく見えないように注意しなければならないのでなかなか大変です。

今日は最初の方から、中間部を一部飛ばしながらも順番に稽古したのですが、「読みはたくさんやっていても立ちは初めて」なシーンも多くて、まだまだこれからな感じです。
今日の稽古は人が多く、ニギヤカな稽古場になりました。
部外の方も見学に来て下さり、役者陣にも良い緊張感が生まれました。
やっぱり人が多いと、活気があっていいですね。
見ている人がいると気合いも入りますし、この公演に関わっている方も関
わっていない方も、近くに来た際には是非立ち寄って下さると嬉しいです。

稽古後は制作ののっちによる指導の下、DM(ダイレクトメール)の宛名書きが行われました。私は都合により早めに作業を切り上げて帰ってしまいましたが、参加した皆さんはお疲れ様でした。ちなみに今日私は稽古前に
「せんだい演劇工房10-BOX」 へ、チケットを置いて頂きに行きました。
今日からこちらでもチケットをお買い求めになれます!
売れるといいなぁ…。

こうして公演が作り上げられていく様子を見ていると何だかワクワクしてきますね。同時に「私も頑張らなきゃ…」とつくづく思います。
とりあえず役者陣は台詞を覚えなければなりませんね。
期限は 9月中 です。私はまだ脚本を外すとかなり不安なのですが、
少しずつ外せるようにしていきたいと思います。
演出注:そういうこと言うと、泣く人間がもう3人は出ます。
本格的な稽古が出来るようになったことですし、スタッフの皆さんの頑張りに負けぬよう、役者陣も頑張っていきましょう!
今日の稽古、お疲れ様でした。


  • 脚本をはずすためにはプロンプターが必須。だからお願いです。役者演出以外の方、積極的に稽古にきてください。 -- じゅん (2006-09-26 11:46:13)
  • 真面目すぎておねーさん泣けちゃうよ。おのでぃー輝いてる。セリフの入り具合も輝いてる。プロンプターはわたしも切実に希望してます。どうか救いの手を! -- カトウ (2006-09-27 00:37:54)
  • プロンプタがいないのは結構辛いですよね。 -- 三浦神殿 (2006-09-27 19:42:28)
名前:
コメント: