※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

満月


月は欠けて、日は落ちて。
貴方は眠って、
私は起きてる。



                      心の時間

                      時は過ぎ、
                      年老いて
                 いつか目も当てられなくなっても。
                                 一緒にいようね。













                                             なんにもいらない。ただ、世界が欲しい。













愛しき束縛

この星は、私を愛し抱きしめて、重力という、枷をする。




                             





                               アイを。
                            一度も口にしなかった分、
                          一度も態度であらわさなかった分、
                      共にいる時間で、埋め合わせていたと思っていた。







    
                         変わらないでいて欲しい。
                 わがままでも、ひにく屋でも。
                              そんな貴方が大好きなので。








            ユー

I love you じゃなくたっていぃょ。
I need you  で十分だよ。














                                                                                    待機中。貴方が笑うまで。













           誰かに会いたくて、会いたくてたまらなくなる。
                    それが恋だ。仕方ない。











  OUCH

人の心の痛みなんて、その人にしか分からない。
だけど、だからって、分かろうとしなくていいってことじゃ、ないのに。




                                                                           死に急ぐ人を、
                         引き止めるほどの強い希望や救いの言葉が、この世にはあるのだろうか。
                                                                                    君を、
                            引き止められるほどの強い声や癒しの光を、私は見つけられるだろうか。









    相反するものは、どうしても惹かれあってしまう。









                        それぞれ違う本を読む。
                        それぞれ違う事を考える。

                              だけど、隣にいる







   今日から、僕たちの毎日は重なりあっていかなくなる。

   同じ時間を過ごしてきた僕たちの隣り合った時間は、今日から、少しずつ、ずれていく。

   さようなら。
   あの日の僕たちに。

   今日から始めるのは、新しい二人だから。
   あの日の僕たちは、思い出になってしまう。
   
           僕は、君がいた幸せをいつまでこの手に残しておけるだろうか。












                
                 失うものは惜しくなり、
               
              簡単に手に入るものなど、望まない。




            







        わたしは彼女にとても惹かれた。
                      理由なんて、それだけで十分だった。